ジョン・バーンサルは、「ウルフ・オブ・ウォールストリート」ファンのお気に入りの「このペンを売って」の瞬間は即興だったと語った

2013年の映画「ウルフ・オブ・ウォールストリート」でブラッドを演じたジョン・バーンサルは最近、象徴的な「このペンを売って」シーンが完全に即興で作られたことを明らかにした. Bernthal は、SiriusXM の The Jess Cagle Show でインタビューを行っていたときに、この事実を明らかにしました。

今年の最高の映画の瞬間の 1 つとして投票されたこのシーンは、ジョーダン ベルフォート (レオナルド ディカプリオ) が証券会社を訪れ、新入社員のブラッドにペンを売るように要求するときに発生します。ブラッドは彼のセールススキルを使ってベルフォートに購入するよう説得しようとしますが、ベルフォートは彼を断ち続けます。いくつかのぎこちない試みの後、ブラッドはついに説得力のある議論をすることができました.

バーンサルは最近、このシーンは完全に即興で作られたものであり、実際にペンについて話し合うのは彼の考えだったことを明らかにしました。彼は、シーンを楽しんで、何が起こるか見てみたいと言いました. Bernthal はまた、受け取った反応に驚き、視聴者の共感を呼んだことをうれしく思いました。

引用: ' 『ウルフ・オブ・ウォールストリート』をやっていて、「このペンを売って」のシーンを即興で作ったのを覚えています。本当に楽しかったです。 - ジョン・バーンサル (u/JonBernthal_Official)

「このペンを売って」シーンはカルト クラシックになり、現在では大衆文化で頻繁に参照されています。バーンサルの即興シーンは映画の象徴的な瞬間となり、俳優の即興スキルの証です。

即興シーンに関するバーンサルの啓示は、映画製作においてリスクを冒し、創造的になることの重要性を浮き彫りにしています。 「このペンを売って」のシーンは、今や映画の象徴的な瞬間であり、リスクを冒すことがいかに素晴らしい結果につながるかを示しています。

 ウルフ・オブ・ウォールストリート

『ウルフ・オブ・ウォールストリート』(2013年)のジョン・バーンサル。

ファンのお気に入りの瞬間 ウォールストリートのオオカミ 逸話から即興で作られた レオナルド・ディカプリオ セットに向かう途中で聞いた、と言う ジョン・バーンサル .

人気の YouTube インタビュー シリーズの最近のゲスト ホット・ワンズ 、Bernthalは、との作業の経験について尋ねられました マーティン・スコセッシ 2013年の映画で最も引用された瞬間の1つ.

「山の頂上です。誰もこれ以上良くなることはありません」とバーンサルはスコセッシのホストであるショーン・エヴァンスに語った. 「そのような限られた役割でも、私はより多くを学びました。私の演技スタイル全体がそれから変わりました。

ジョーダン ベルフォートによる同名の 2007 年の回想録に基づくこの映画で、バーンサルはブラッド ボドニックを演じました。ブラッド ボドニックは、小さな麻薬の売人であり、ディカプリオのベルフォートの友人です。バーンサルは、ファンの間で人気の「このペンを売って」シーンを盗みます。結局のところ、その瞬間は即興だった、とBernthalはEvansに説明した.

「私はマーティのやり方の本当に良い例としてそれを使用します」と彼は始めました. 「その日、レオがセットに向かって歩いていたとき、彼の警備員はニューヨーク市の刑事で、本物のジョーダン・ベルフォートとの面接があると言いました。そしてレオは、「本当ですか? 「彼は私にペンを渡して、そのペンを売ってくれと言った。だから、レオ、彼は誰にも言わなかった.彼はそれをそのシーンに投げ込んだだけです。そして、すべてが反応的でした。」

フルで見る ホット・ワンズ 以下インタビュー。

よくある質問

  • Q: 「ウルフ・オブ・ウォールストリート」の「セル・ミー・ディス・ペン」の瞬間は即興だったのですか?
  • A: はい、シーンでキャラクターを演じた俳優のジョン・バーンサルによると、それは即興でした.

私たちに書いてください

あなたが良い笑いを探しているか、映画の歴史の世界に突入したいなら、これはあなたのための場所です

お問い合わせ